騒音対策のための防音ガラスってどんな種類があるの?

glass_noise
閑静な住宅街に住まわれていたとしても、外を走る自動車の音やご近所さんの喋り声、鳥や犬の鳴き声など様々な騒音が存在しています。これが閑静な住宅街以外の場所となると、その騒音はさらにひどい状況になっているかもしれません。そんな騒音は私たちの生活の質を著しく下げてしまう可能性があるものですから、落ち着いて家屋での時間を過ごすためには騒音対策を行っておくべきでしょう。そんな騒音対策を行う上で必要なものに防音ガラスがあります。では、その騒音対策のための防音ガラスって、どんな種類があるのでしょうか?

防音ガラスは大まかに言うと1種類のガラスになります。その1種類のガラスとは複層ガラスという、ガラスを二つ合わせて作られているガラスのことです。複層ガラスはガラスとガラスの間に一定の空間があり、二つのガラスが空気の振動を遮断してくれるだけではなく、ガラスの間に存在しているその空間部分でもしっかりと空気の振動を阻害してくれています。このような点から、普通のガラスに比べてかなりの防音効果を持っていることが理解できるでしょう。

窓ガラスって何でできてるの? 丨 名古屋のガラス修理屋さん

その防音性能を持った複層ガラスにも幾つかの種類がありますが、それは複層ガラスを製造しているメーカーによって少しずつ特徴が変わってくるというものであり、防音効果についてはメーカーによって、そしてガラスの製造工程によってまちまちであると言えるでしょう。ただ、基本的に複層ガラスはガラスとガラスの間が広いことが知られているものの、ある種類のものではガラスとガラスの間がそれほど広くない種類もありますので、普通の窓ガラスにも取り付けが行えるケースもあります。

以上のことをまとめると、防音対策のガラスについての種類は大まかに分けると複層ガラスの一種類、ただ薄さやその他の特性についてはガラスメーカーの数だけ様々な種類がありますので、一度ご自分の目と耳で確かめるとその違いがわかるでしょう。